072-777-8840

menu

TRAVEL CLINIC

渡航外来

海外赴任・出張、海外旅行、留学に備えて

近年、海外に出かける人々が増加しています。また、海外から観光や仕事のために来日している人の数も急増しており、2020年の東京オリンピックでは更に多くの人々が日本に訪れることが予想されます。人々の交流が盛んになることは日本の発展のみならず、国際協調においても重要なことですが、同時に感染症対策を充実しておかなくてはなりません。 観光や駐在などでアフリカ、東南アジア、南米などの開発途上国に行く場合はマラリア、デング熱、狂犬病、チフスなどの感染症に罹患する可能性があります。そのため、ワクチンや予防薬にて感染しないような予防が必要です。渡航外来ではこれらの感染症おいて専門的な診療を行います。(渡航外来の初回のみ診察料2,500円を頂きます )

海外渡航前の各種予防接種

渡航先や渡航期間、現地での行動形態などの情報から、推奨されるワクチンの接種スケジュールをご提案いたします。各種ワクチン(日本脳炎、狂犬病、A型肝炎、B型肝炎・腸チフス)を取り扱っており、複数ワクチンの同時接種も可能です。
それぞれワクチンは、有効になるまでに必要な接種回数や期間が異なりますので、余裕をもっての受診をお勧めします。母子手帳や他院でワクチンを接種した証明書をお持ちの方は、受診時にご用意ください。

腸チフスワクチンについて

当院で使用している腸チフスワクチンはSanofi Pasteur社の「Typhim Vi」です。これは日本では未認証ですが海外で広く一般的に使用されているワクチンです。腸チフスが発生する地域(インド、東南アジア諸国、中国、アフリカ、中南米、カリブ海諸国)に立ち入る場合は、接種が推奨されます。健康被害が生じた場合は輸入代行業者による副反応救済制度を利用できます。ワクチン接種後に発生した副反応などの症状には保険制度で対応します。

英文接種証明書について

当クリニックのフォーマットで発行する場合は無料とさせていただいております。その他、他院での接種分を含める場合、お持ち込みの書類に記入する場合などは有料となります。その都度あらかじめご相談ください。

予防接種 
※予約が必要です。あらかじめお電話でご相談ください。

不活化ワクチン

複数回の接種が必要なワクチンも多く、完了までに時間がかかることに注意してください。

当院で行える不活化ワクチン接種(渡航用)
A型肝炎・破傷風・B型肝炎・日本脳炎・狂犬病・腸チフス など

渡航用ワクチン

項目 摂取回数 間隔 価格(税込) 効果持続期間
(めやす)
A型肝炎 2~3回 0、2~4週、6か月 1回 8,000円 5年
B型肝炎 3回接種 0、4週、5~6か月 1回 6,000円 10年(終生)
破傷風トキソイド 3回接種※ 0、3~8週、6か月 1回 3,000円 10年
日本脳炎 1~3回※ 0、4週、7か月 1回 6,000円 10年
狂犬病 3回 0、1、3~4週間 1回 13,000円 2年
髄膜炎菌 1回   1回23,000円 3~5年
ポリオ(IPV) 1回   1回9,500円 4~5年
腸チフス(輸入) 1回   1回 12,000円 3年
※ 基礎免疫のある方は1回でも可能です。

生ワクチン

不活化ワクチンを接種してから、最後に行うことが多いです。スケジュールは当院で指示させていただきます。黄熱ワクチンは、検閲所のみで接種を行っています。

予防用内服薬

当院で行える予防用内服薬
高山病予防薬・マラリア予防薬(準備中)

Copyright (c) なかじま内科クリニック All rights Reserved.