072-777-8840

menu

INTERNAL MEDICINE

一般内科

内科全般を診療します。

症状が一つだけのこともあれば、いくつも重なっている場合もあると思います。また、現在の自覚症状だけでなくお話を伺うことで、そういえばこういう症状もあったなど、大きな病気の前兆の場合もあります。いろいろな可能性を考えながら、今の病気をわかりやすく説明いたします。一般内科疾患というと、どんなものか分かりにくいですが、原因がわからず、診断もついていない人に対して、まず最初に総合的に診させてもらうイメージです。些細なことでもお気軽にご相談ください。
もし、難しい専門的な治療が必要ならば、適宜専門の先生に紹介いたします。少しでも気になるところがあれば、受診していただき、不安を取り除くように、そして健康で快適な生活にいち早く戻れるように最大限努力いたします。

主な一般内科疾患
風邪、発熱、咳、痰、気管支喘息、気管支炎、肺炎、扁桃腺炎、腹痛、胃炎、胃痛、胸痛、むくみ、動悸、疲労、だるさ、下痢、便秘、吐き気、嘔吐、胸焼け、食欲不振、逆流性食道炎、 過敏性腸症候群、食中毒、胃痙攣、胃下垂、胃もたれ、みぞおちの痛み、脂肪肝、B型肝炎、C型肝炎、肝硬変、肩こり、花粉症、じんましん、アレルギー性鼻炎など

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸は、高血圧・糖尿病などの生活習慣病、 脳卒中、心筋梗塞などを引き起こします

日本における潜在患者数は200~300万人とも言われていますが、寝ている間に起こるため自分では気づきにくく、家族から「大きないびきをかいている」と指摘されて来院した患者さまも少なくありません。睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合には、一度、睡眠の質を検査し適切な診断を受けることが大切です。

睡眠時無呼吸チェック

次にあげる症状にあてはまるものはありませんか?
この中にいくつかあてはまる方はSASの可能性が高いです。

・大きないびきをかく
・ 睡眠中に「呼吸が止まっていた」と指摘されたことがある
・日中の眠気に悩んでいる
(会議中、パソコン作業中、運転中、テレビを見ているときなど)
・朝起きたとき、寝たはずなのに疲れが残っている感じや頭重感・頭痛がある
・肥満の傾向がある
・熟睡感がない
・夜中に何度も目が覚める

予防接種・抗体検査

成人向けワクチン

項目 接種回数 価格(税込)
肺炎球菌 23価 ※2 5年ごと 1回 7,000円(自費)
初回 4,000円(公費)※2
肺炎球菌 13価 1回 1回 10,000円
帯状疱疹(シングリックス) 2回 1回 23,000円
MR(麻しん、風しん混合) 1回(2回) 1回 9,000円
水痘(帯状疱疹) 1回 1回 7,000円
おたふくかぜ 1回 1回 5,000円
子宮頸がんワクチン4価
(ガーダシル)
3回 1回 17,000円(自費)
子宮頸がんワクチン9価
(シルガード9)
3回 1回 35,000円
≫ 渡航用ワクチンはこちら

肺炎球菌23価ワクチンについて ※2

・伊丹市在住で平成30年4月1日~令和2年3月31日に65、70、75、80、85、90、95、100歳になられる方で初めて接種される方は4,000円で接種して頂けます。

抗体検査

項目 検査方法 価格(税込) 備考
風疹 HI法 500円  
  EIA法 2,500円  
麻疹 PA法 1,500円 10~12日ほどかかります
  EIA法 2,500円
水痘 EIA法 2,500円  
おたふくかぜ(ムンプス) EIA法 2,500円  
百日咳 EIA法 3,500円  
HBs抗原定性   300円  
HBs抗体定量   1,500円  
QFT
  7,000円  

※別途 自費初診料として、初診時のみ3000円頂きます。

禁煙外来

禁煙成功のために
「お医者さんと禁煙」を始めてみませんか?

なかじま内科クリニックでは禁煙外来を実施しております。喫煙者の70%はニコチン依存症です。タバコをやめられないのは意志の弱さではなく、ニコチンの依存性が原因です。

禁煙外来の流れ

1、状態をチェック 始めにニコチン依存症であるかチェックを行い、保険診療を受けられるかどうか確認します。
2、一酸化炭素を計測 次に息の中に含まれる一酸化炭素量を計測します。
※一酸化炭素とはタバコに含まれる有害物質です。
3、診察・問診 健康状態やこれまでの喫煙・禁煙歴をお医者さんと確認します。ニコチン切れ症状の対処法など、アドバイスをもらうこともできます。
4、薬を処方 禁煙補助薬の特徴と使い方の説明を受けて、あなたに合った薬を選びます。12週間にわたる禁煙治療を受け、計5回通院します。

禁煙治療の料金

禁煙治療は、12週間で2万円程度です。(自己負担3割として)1日1箱喫煙する方なら、12週間のタバコ代より保険診療で治療を受けた場合の方が安くなります。